yashinomi

もずや宗安が運営する和洋服飾のお店『椰子の実』を紹介するページです。http://yashinomi.shop

もずや緞子のはなし

もずや緞子(萬代屋緞子)というのは私の祖先、萬代屋宗安が所持していたもので、一説では義父の千利休から授けられたものだとも言われています。

 

萬代屋宗安に関しては私がブログに書いています。

 

mandai-shi.blogspot.jp

 

萬代家と利休との関わりは深くて、利休の実子、道安の娘は宗安の息子の宗貫に嫁いでいます。

f:id:mozuya20:20170809142305j:plain

 

宗安の嫁が、有名な『お吟さま』で秀吉に横恋慕されて利休が断った為に切腹させられた、との逸話もあります。

 

本やビデオもありますので良かったら。

 

 

      

 

 

でも、この話はウソで、吟は『萬代屋後家』とされていますが、萬代屋宗安は関ヶ原の戦いで西軍に加わり、三成を応援したという史実がありますから、秀吉が居た時代、宗安はまだ生きています。また、堺の南宗寺には、宗安・吟の墓があるとされていますから、添い遂げていますし、当家でもそう伝えられています。

 

 

さて、萬代屋緞子は茶道の世界でも名物裂として知られている柄で、千家十職の土田友湖氏もこの柄の袱紗を造っています。

 

萬代屋といえば、もうひとつ、最近またその名を知られるようになった『萬代屋黒』という茶碗も萬代屋宗安所持であるとされ、その名で呼ばれています。

          f:id:mozuya20:20170809132805j:plain

 

初代楽長次郎作とされ、利休が造らせた物だと言われていますが、利休が造らせた物に萬代屋の名前が付いているのは不自然なわけで、これは私が思うに、宗安が長次郎に造らせていたものの『元見本』じゃないでしょうか。

 

萬代屋緞子も萬代屋黒もそうですが、なんでもかんでも利休利休。

あたかも当時、利休しか優れた茶人が居なかったような描き方はちょっと辟易しますねぇ。私にもたぶん利休の血が数滴くらいは入っているのでしょうが、それでもちょっとね。

 

堺・南宗寺にある千家一門の墓えいの中にも『竹渓宗安禅定門』と刻された宗安の墓がありますし、これは宝心妙樹という利休の先妻の隣にありますから、堺千家の後継者は宗安であったとも言われています。

 

気になる方は是非、堺の南宗寺においでください。枯山水の庭があるすばらしいお寺ですよ。

 

宗安から数えて私が20代下がるのだそうですが、子孫はたくさんいて、曾祖父の萬代安次郎が本家当主でした。

 

その後、八十七→好→学と来るわけですが、商人であり茶人の端くれということで、宗安を名乗らせて頂いているという訳です。

 

頼りない子孫でご先祖には申し訳ないのですがね・・・

 

この『もずや緞子』は角帯なんですが、京都の織楽浅野さんに制作をお願いしています。

 

デパートにも出していなくて、直売のみの扱いとさせて頂いています。

 

『もずや』は萬代商事株式会社の登録商標なので、織物に関してこの名前は他社が使用できない事になっています。

 

名古屋帯の幅に織ったものを三つ折りにして造ってあるので、ふんわりしていながらも、キッチリ締まって非常に具合が良いです。

 

これも私が締めて実験しています。

 

世界中、どこの探しても、うちにしかない作品です。

 

要らない事、いっぱい書いてしまいましたが(^_^;)、是非、お試しくださいませ。

 

yashinomi.hateblo.jp

yashinomi.hateblo.jp

 

yashinomi.hateblo.jp

 

ポチッとしてくださいね。 

にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

会員募集のお知らせ

椰子の実 |』はどなた様でもご自由に閲覧、お買い物が出来るサイトですが、会員登録のシステムもございます。

 

ですが、会員登録していただいた方には『クローズ・イベント』にもお入り頂く事が出来ます。

 

『クローズ・イベント』というのは会員様だけの特別招待会で、各種特典をご用意させていただく予定です。

 

毎日たくさんのアクセスを頂いておりますが、もしよろしければこの機会に会員登録をお願い致します。

 

こちらからお願い致します。

新規会員登録

 

にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

会員募集のお知らせ

椰子の実 |』はどなた様でもご自由に閲覧、お買い物が出来るサイトですが、会員登録のシステムもございます。

 

ですが、会員登録していただいた方には『クローズ・イベント』にもお入り頂く事が出来ます。

 

『クローズ・イベント』というのは会員様だけの特別招待会で、各種特典をご用意させていただく予定です。

 

毎日たくさんのアクセスを頂いておりますが、もしよろしければこの機会に会員登録をお願い致します。

 

こちらからお願い致します。

新規会員登録

 

 

信頼の実験派

椰子の実では首里織ミンサー、つまり半幅帯角帯の扱いが非常に多いんですが、これは私が男性として自分が使って確かめられるモノのひとつです。

 

名古屋帯袋帯帯締め帯揚げは見て触って、良さは確かめられるけど、使い勝手とか経年変化などについてはなんとも言えないというのがほんとのところです。

 

ですから、『多分大丈夫だろう』というところからスタートして、お客様のご意見をお伺いして、それが確信に変わる、という感じになるわけです。

 

私が、作り手との直取引にこだわるのは、そうして得た情報を作り手にフィードバックできるからなんですね。

 

さて、半幅帯角帯ですが、ミンサーの角帯は私も永年愛用しています。

 

ですから、コレに関しては絶対の自信をもっているんです。

 

西陣織や博多織ももちろん持っていて、使っていますが、ミンサーの良さはなんといってもカラフルなデザイン。

 

『男なのにカラフルなの要らないでしょ』

 

と想われがちですが、そこがプロのプロたるゆえん。

 

着姿の提案もありますし、コーディネートの実験でもあるわけです。

 

角帯なんていうのはそんなに沢山の種類が造られているわけではないので、たいてい男物の着物にはピシッと収まるような色柄になっています。

 

すると紺のスーツに地味なネクタイという、リクルートスタイルのような合わせになってしまうんですね。

 

ま、それはそれで男らしくて良いんですが、ちょいと遊びたいという方には別の提案をしたいわけです。

 

実は、着物も男物というと面白いのが少ないので、女物も無理して着ているんです。

 

肥満体なのですが、身幅は問題無いので、裄が短いのをガマンすれば、十分に楽しめます。

 

裄は背中のグリグリから手のグリグリまで』なんてこだわらなくて良い。

 

もちろん、売る時は、そんなの良いとしては売れないですが、実は十分OKなわけです。

 

ですからうちで扱っている着物は、はじめは私が着て試してみて、そこから本格的な扱いになる、というパターンが多いんですね。

 

そうすると、こちらも確信をもってお勧めできるわけです。

 

そこが他所とはちょいと違うところです。

 

お茶の稽古で着たりして、立ったり座ったり、擦ったり汚したりと、かなりハードに着回しますので、それでも膝が出ない、色が抜けない、毛羽立たない、シワになりにくい等の確認が出来れば、お茶の人にもすすめやすいですもんね。

 

お茶の着物に関しても、プロと言えどもいろいろ解らない事もあって、疑問があれば、佐伯宗匠にお聞きしています。

 

8寸の名古屋帯なんかも、とくに温かい季節は良いもんです。

 

無地の手紬帯はもう40年扱っていますが、極太の緯糸を粟国島でひいてもらって、ガッチリと打ち込んで織ってもらってるので、しょっちゅう着る方にはピッタリです。

 

あれこれコーディネートを考えるのも楽しみのひとつですが、そうもいかないときもあるのが実際で、帯にまよったらコレをすると良いですよ。

 

 

yashinomi.hateblo.jp

 

 

にほんブログ村 ファッションブログへにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 

 

 

ミンサーのはなし

ミンサーというのは沖縄の幅の狭い綿織物のことで、メンサーと呼ばれる地域もあるそうです。

 

綿(メン)狭(サー)い→→→ミンサーというわけですね。

 

ミンサーは沖縄各地で織られていたそうで、一番有名なのは石垣のミンサーでしょうね。

 

『ミンサー織』と言われて、四つと五つの絣が『いつの世までも』そして端の細かい絣が『足繁く』という意味だということで、女性が愛する男性に贈ったといわれています。

 

このことで、祝嶺先生に『あれって、手巾(ティサージ)と混同してるんじゃないですか?』と質問したことがあるんですが、そういう事でも無いようです。

 

ティサージというのは、同じように、海を渡る兄弟や恋人に航海の安全を祈って贈られたものだといわれています。

 

f:id:mozuya20:20170803131155j:plain 

 

これは古屋英子さんが銀座のギャラリー泰三で個展をされたときに出品された、首里織のティサージなんですが、絣と手花(てぃばな)を中心に非常に凝った織物になっています。

 

駒場日本民藝館に行けば古いティサージがたくさんあるので、是非見に行かれてください。

 

話をミンサーに戻しますと、八重山ミンサーの他、首里織ミンサー、読谷ミンサー、与那国ミンサーと現在も織られているものもたくさんあります。

 

しかしながら、元々その土地で織られていたか、といえばそうでもなくて、

 

八重山ミンサーは、元は竹富ミンサーだったし、読谷ミンサーは元は伊波というところで、お婆さんが1人で織っていた物を採り入れた、という話を聞いたことがあります。

 

伊波のは『伊波メンサー』と呼ばれていたそうで、とても良い物だったようです。

 

詳しくは、『ミンサー全書』を読んでみてください。

 

沖縄は元々、帯と縁の薄い服飾文化で、女性はウシンチーという全く外からは帯をしていない様に見える着用方法を採っていました。

 

f:id:mozuya20:20170803135541j:plain

 

それが次第に、本土の着用法を採り入れるようになり、初めは兵児帯などをしていたとも聞きます。

 

今の様に名古屋帯が織られる様になったのは、祖国復帰後だそうです。

 

私は、行きがかり上?帯をするときはたいていミンサーを締めるのですが、これが大変具合が良いんです。

 

八重山や与那国のも持って居ますが、首里のが良い。

 

というのは花織やロートン織になっているので、緩まず、滑らずなんです。

 

手織りでガッチリ打ち込まれているので伸びないですし。

 

機械織のあまいのは、締めてると伸びてきて緩んできてしまう事があるので、肥満体の私が締めると、着崩れしてしまう原因になるんです。

 

素材はメンサーですから、たいていは綿なんですが、たまに絹のも造られます。

 

でもね、綿の方が味わいがあって良いんですよ。

 

確かに絹は軽いし、細やかな細工もできるんですが、綿ならではの良さがあるんです。

 

前に、ミンサーを織ってる女の子に聞いた事があるんです。

 

ミンサー織るとすごく自由でカラフルで良い感じなのに、なんで名古屋帯織ると、しショームナイのしか織れないの?

 

答えはずばりこうでした。

 

だって、綿は素材が安いから、安心して好き勝手織れるんだもん

 

ここなんですよ。

 

実際、売られる値段はほとんどが手間賃を反映したものになるので、綿でも絹でもそんなに値段は変わらないんですが、織る方としたら、

 

綿だからいいさぁ〜

 

というのがあるようです。

 

その気楽さが、面白いデザインに繋がるんですね。

 

ですから、女性はもとより、男性も、ミンサーを締めるときは、遊び心満タンでやるととっても楽しいのです。

 

また、締め方をいろいろと工夫するとまた楽しいですね。

 

男性でも、貝の口やら、侍結び、町人結び・・・といろいろあるようです。

 

ちなみに私は、たいがい侍結びです。

 

なんでかというと、めんどくさいからです(^_^;)

 

女性もいろいろあるみたいですね。

 

今時は、綿の着物もたくさん流通しているようですから、そんなのにするととっても良い感じです。

 

ミンサーというと浴衣にするとイメージをお持ちの方もいらっしゃるようですが、綿や紬の着物にも全然OKです

 

私は袴下にも締める事があります。

 

紋付きの時は『もずや緞子』をしますが、それ以外はたいていミンサーです。

yashinomi.hateblo.jp

 

ミンサーがどういう格付けかといえば、首里のミンサーなら首里織と同じに考えて良い

でしょうね。

 

ここは理屈です。

 

首里織というのは、琉球国の士族の子女が織り、着用も王族も含めた士族以上。

 

ですから、最低でも博多織と同格かそれ以上と言えます。

 

琉球王といっても、一説では徳川幕府譜代大名として位置づける考えもあるようですから、武士の正装として着用されていたと考えて良いでしょう。

 

『さいはての島の織物だから、カジュアルにしか向かない』

 

なんていうのは、全く間違いであるというのが解ると想います。

 

ただ、今の常識に照らして、あまり無理のあることは、お客様には提案しにくい、ただそれだけの事です。

 

私自身なら、信念と自身を持って、紋付きの着物にもミンサーをしますし、芭蕉布首里の織物でも、琉装にしたててあれば礼装として着用しますし、実際にしています。

 

苧麻や、たまに芭蕉布のミンサーもありますが、これも夏場は良いもんです。

 

流れた汗が、帯のところにたまって、お腹が冷えたりすることもあるんですが、苧麻や芭蕉なら、通気性がいいので、そういう事もありません。

 

長々書きましたが、そういう訳で、首里織のミンサーも、私が愛用し、信念と確信をもって、お勧めする作品達です。

 

制作をお願いしているきんちよさんは大ベテランですが、普通はこんな大ベテランがミンサー織ってくれないですよ。

 

椰子の実にはたくさんの首里織ミンサーを出品しています。

 

ご愛用頂けましたら、幸いです。

 

yashinomi.hateblo.jp

 

yashinomi.hateblo.jp

 にほんブログ村 ファッションブログへにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

琉球藍製品の洗濯・色落ちについて

私は藍をはじめとして、草木染・植物染料に関しては、専門家とは言わないまでも、ちょっとは詳しいと想われているので、よく質問を頂きます。

 

一番よく頂くのが『藍染製品の堅牢度』に関してです。

 

全ての植物染料に言える事ですが、化学染料ほどの堅牢度は求める方が無理です。

 

今回、『椰子の実』でも、藍染のショール、シャツなどをご提案しますが、お知らせしておきたいのはその『洗濯』と『色落ち』についてです。

 

うちは藍ぬ場ぁ農場の池原さんに染色をお願いしていますので、染料は『有機栽培の琉球藍』

 

もちろん、天然発酵建てです。

 

私が試験の為に染めてもらったシャツを着て、洗濯してみました。

 

これが染め上がってきた時の写真です。

 

深浅地くらいの色合いに指定しています。

(もっと浅くも、深くも染める事ができます)

f:id:mozuya20:20170802141525j:plain

 

1週間着てみて、その後洗濯。

f:id:mozuya20:20170802141538j:plain

 

洗濯は4月頃の常温の水に浸して押し洗い。

それで十分キレイになりますし、本物の藍染ですから防臭効果もあってにおいも残りません。

 

ただ、このようにかなりの色落ちというか色が流れ出します。

 

そして乾燥後、さらに1週間着て、洗濯。

 

同じように常温の水で押し洗い。

 

f:id:mozuya20:20170802141629j:plain

 

もうこのくらい落ちなくなっています。

 

Tシャツの見た目はそんなに大きく変わっていなくて、問題ありません。

 

こんな感じでもう、3回目にはほとんど色落ちは気にならないです。

 

ただ、他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れて回すのは、控えられた方が良いと想います。

 

一度染まった藍は、もう他の繊維を染める事は出来ないので、すぐに落ちますが、慣れないとうろたえてしまうので、藍染だけでなく他の植物染料で染めた物は、押し洗いして色が出なくなって、10回以上洗ってから、他の洗濯ものと一緒にされた方が良いと想います。

 

本業が呉服商なので、藍染の着物でのご相談を頂く事がほとんどですが、正しい理解がされていない理由には二つあると想います。

 

一つは、販売時にきちんと藍の堅牢度についてお伝えしていないこと。

 

もう一つは、『落ちるとは聞いていたが、ここまでとは想わなかった』という度合いに対する感覚の違い、です。

 

そんなに落ちるなら、水洗いして藍を完全に落としきってから売るべきだ』というご意見があります。

 

しかし、そうしない理由もあります。

 

一つは、落としてしまった状態では、やはり、多少、見た目が衰える事。

 

二つ目は、お客様が『藍染を育てる楽しみを奪ってしまうこと』です。

 

藍の薬効に関しては、わざわざ書くまでもなく皆さんご存じだろうと想います。

 

虫除けや肌に対する効果だけでなく、気分を落ちつかせたり、アレルギーを緩和したりと、様々な効果が報告されています。

 

それは、やはり『濃い状態』の時が良いのです。

 

上山さんの『やまあい工房』池原さんの『藍ぬ場ぁ農場』の藍は、その場で飲めるほど自然で、害毒がまったくありません。

 

強烈な助剤も使っていない。

 

濃く染めれば染めるほど、色落ちもそれに比例して大きくなります。

 

着用すれば肌にも着きますし、他の衣類を汚してしまう可能性もあります。

 

でも、それが『藍を着る理由』なんです。

 

藍はただの染料ではありません。

 

他の染料に比べて価格的にも抜群に高価です。

 

高価であり、売り手としてもリスクがあるのに、何故まだ造って提案したいとおもうのか。

 

それだけ、お客様に良い事があるからです。

 

そして、藍で染めた物は、自分で育てる楽しみがあるんです。

 

色が落ちきって『枯れた藍』もまた良いんです。

 

洗剤をつけてゴシゴシなんて洗い方をしなくて良いんです。

 

ぬるま湯か温かい季節なら常温の水に、せいぜい中性洗剤を少しだけいれて、押し洗い。

 

前にやまあい工房の作務衣の上下を初夏に1ヶ月連続で着てみましたが、まったく臭うと言うことがありませんでした。

 

そのくらい藍は殺菌・防臭効果が強いのです。

 

藍の着物がひどく色落ちする、またなかなか色落ちが止まりにくいというのは、基本的に植物性染料と動物姓繊維の相性があまり良くないからです。

 

綿や麻に染めた物は、そうは落ちませんし、すぐに止まります。

 

また、白く粉が吹いたり、表面ががさついて居たりするのは、投入する石灰分の質と量が問題だと聞いた事があります。

 

私が『椰子の実』でお勧めする琉球藍は、染め手自身が苗から育て、栽培し、泥藍を造って、自ら染めたものです。

 

まったく間違いのない、正直で健康な藍です。

 

実際に永年愛用している私が自信をもってお勧めする作品たちです。

 

ご質問に関しては、丁寧にお答えしたいと想います。

 

ぜひ、ご愛用くださいませ。

 

琉球藍のはなしはまた、別でやりましょうね(^o^)

 

椰子の実 |

 

yashinomi.hateblo.jp

 

にほんブログ村 ファッションブログへ
 にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
 にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

無地手紬帯7011

商品説明は最下部です。

お求めは椰子の実 |

 

全体

f:id:mozuya20:20170728210635j:plain

 

前の具合

f:id:mozuya20:20170728210653j:plain

 

 

接写

f:id:mozuya20:20170728210731j:plain

 

お太鼓の具合

f:id:mozuya20:20170728210732j:plain

 

粟国島で太い緯糸を手びきで引き、沖縄本島でガッチリ織り上げた無地の八寸名古屋帯です。弊社が50年近く前からオリジナルで生産している作品です。以前は真栄城つね子さんという作家さんが織ってくれていましたが、今はお弟子のきんちよさんが仕事を継がれています。手びきでしか造れない太い糸をガッチリ織り込んでいますので、折れじわになりにくく、非常に締めやすいのが特徴です。また無地でありながら、良い糸を使っているので表情が豊かで、良い着物の上にしても決して見劣りしません。大胆な絣や紅型、更紗などには最適とも言えます。
30年前に買われたお客様が、ずっと愛用していただいてボロボロになったので、ま
たこの同じ帯を買い換える、そういう使い方をして頂ける実用本位の帯です。
もう、緯糸をひいてくれていた男性が引退されているので、ここにあるだけのご紹介になると想われます。

 

yashinomi.shop