yashinomi

もずや宗安が運営する和洋服飾のお店『椰子の実』を紹介するページです。http://yashinomi.shop

日本工芸館 琉球染織展 明日から

すでにお知らせしております通り、明日10月5日(木)から7日(土)まで、大阪難波日本工芸館琉球染織展を開催します。

 

初めて来られるときは少し場所が解りにくいかもしれませんが、大阪府立体育会館の裏手になります。

 

日本工芸館HP

http://www.nihon-kogeikan.or.jp

 

 

もう恒例になって、何回やってるか解らないくらいですが、毎回多くの方にご来場いただいて、楽しみにしている会です。

 

日本工芸館は、三宅忠一さんという民藝運動家が作った日本民藝協団という団体が運営する施設です。

 

民芸団体といえば、東京駒場の日本民藝協会がよく知られていますが、大阪の民芸協団は、三宅忠一さんがそこから独立して起こした団体です。

 

柳宗悦らが本来の民芸のあり方から外れて、作家主義へ傾倒していくのに反発して作った協会ということのようで、それだけに民芸の神髄がここにこそ表現されているという感じです。

 

三宅忠一さんは、大阪の北新地などにある『スエヒロ』というしゃぶしゃぶで有名なお店を経営されていて、そこは大変おいしいお店なのですが、我々商人にも寛容で、工芸館の一室を商業利用にも貸し出してくださるのです。

 

ここは、商人や問屋を眼のカタキにした柳宗悦とは大違いです。

 

難波の工芸館に行くと、小鹿田(おんだ)焼がたくさん展示されいますが、元々は水瓶のような大きな物しか製造していなかったそうです。

 

三宅さんは現代の生活に合う様、小さい物をつくれ、と指示しますが、そこは手仕事。

 

 

大きいものを作る手になっているので、小さいものはすぐすぐできないのです。

 

そこで諦めない、生活に合う様に改良するために努力を惜しまなかったというのが三宅さんの凄いところです。

 

柳たちが『そのままで』と言い続けたのとは大違いです。

 

三宅さんは『つくったものは全て取るから作りなさい』といって、まずは傘立てくらいのを作らせたんだそうです。

 

当然、品物は溜まってきます。

 

それを、スエヒロのお客さんに無料で配ったのだそうです。

 

その努力があって、食器なども作れるようになり、今の子鹿田焼はあるんですね。

 

つまり、実業家としての経済力・行動力があってはじめて、現代の実際の生活で使われる『民藝品』『工芸品』は命をつなぐことが出来るということなんです。

 

現在は息子さんの三宅清さんがしっかりと後継されていて、『民芸の灯を消してはならない!』とご高齢ながら意欲満々です。

 

『民芸』というのは作り手にスポットが当てられがちですが、実は鑑賞者にとって大きな示唆を与える概念だと私は思っています。

 

すべての雑念を取り払って、直観のみで器物を見る。

 

その眼を磨かなければ、どこのだれが、いつ作って、その作家の受賞歴は・・・なんてことを延々と追い続けなければなりません。

 

しかし、本来の器物の美的価値はその作家の属性とは全く関係がないのです。

 

美しい花は、だれが育てたとか、どんな肥料をやったとか、どこで咲いていたとか全く関係無いのと同じです。

 

まさに『民芸花のごとし』

 

野山に美しい花を探すように、染織や陶芸や漆器を見てみてください。

 

それはきっと、みなさんの生活を豊かにしてくれるはずです。

 

多数ご光来、心よりお待ち申し上げます。

 

                                           竹渓宗安 拝

 

  

ポチッてしてくださいね。

にほんブログ村 ファッションブログへ  にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 

日本工芸館で琉球染織展 10/5-7

すっかり涼しくなりました。

 

来週、10月5日(木)から7日(土)まで、難波の日本工芸館琉球染織展を開催します。

 

もうすっかり恒例です。

 

今回は、髙島屋さんで『和宇慶むつみ・永吉順子 女流二人展』を巡回で開催していただいていて、手元にある作品が少なめなのですが、そのかわり、秘蔵のバリバリの作品をご紹介しようと想っています。

 

ちょうど、日本工芸館では琉球漆器が同時期に開催されている様ですし、陶芸は常設で展示されていますから、沖縄の工芸を総合的に楽しめますね。

 

今回はお買い得品?も出そうかな。

 

 

毎度、まったりした感じでやってます。

 

気候もよくなりましたし、遊びに来てくださいね。

 

※工芸館なのでもずやんTシャツはないですよ〜(^o^)

 

 

ポチッてしてくださいね。

にほんブログ村 ファッションブログへ  にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 

 

日本工芸館で琉球染織展 10/5-7

すっかり涼しくなりました。

 

来週、10月5日(木)から7日(土)まで、難波の日本工芸館琉球染織展を開催します。

 

もうすっかり恒例です。

 

今回は、髙島屋さんで『和宇慶むつみ・永吉順子 女流二人展』を巡回で開催していただいていて、手元にある作品が少なめなのですが、そのかわり、秘蔵のバリバリの作品をご紹介しようと想っています。

 

ちょうど、日本工芸館では琉球漆器が同時期に開催されている様ですし、陶芸は常設で展示されていますから、沖縄の工芸を総合的に楽しめますね。

 

今回はお買い得品?も出そうかな。

 

 

毎度、まったりした感じでやってます。

 

気候もよくなりましたし、遊びに来てくださいね。

 

※工芸館なのでもずやんTシャツはないですよ〜(^o^)

 

 

ポチッてしてくださいね。

にほんブログ村 ファッションブログへ  にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 

 

もずやんイラストTシャツ完成!そして新発売!

2017年の1月から取り組んで来た作品がようやく完成しました。
大阪府広報担当副知事』の肩書きを持つ、『もずやん』イラストのTシャツです。大阪府の鳥が百舌鳥(もず)であることから、そのゆるきゃらは当初、『もっぴー』と名付けられていました。それがデザインの変更とともに、名前も『もずやん』と変更されました。大阪府の『もずやんをもっと知ってもらおう!』という呼びかけに応じて、弊社が『もずや』の登録商標を取得していることから、Tシャツ造りで協力させてもらおう、ということで制作に至りました。
Tシャツの加工は弊社の近くにあるサカエさんにお願いしており、文字通り大阪のTシャツになっております。
下地のTシャツも地厚感があって、非常に着用しやすいものを選んでおります。
大阪府のイメージキャラクター『もずやん』のTシャツを着て、万博前に大阪を満喫してみませんか?

 

Tシャツの色は白と黒の2種類。

 

柄は2柄。

 

サイズはS,M,Lの3種類です。

 

f:id:mozuya20:20170927141553j:plain

胸の柄の感じ。

f:id:mozuya20:20170927141618j:plain

f:id:mozuya20:20170927141549j:plain

f:id:mozuya20:20170927141453j:plain

f:id:mozuya20:20170927141604j:plain

 

 

全体の感じ。

f:id:mozuya20:20170927141509j:plain

f:id:mozuya20:20170927141459j:plain

f:id:mozuya20:20170927141504j:plain

f:id:mozuya20:20170927141539j:plain

 

背面右下には『芭蕉にモズ』

 

f:id:mozuya20:20170927141519j:plain

f:id:mozuya20:20170927141534j:plain

 

お求めは『椰子の実』で。

 

yashinomi.shop

 

 

ポチッてしてくださいね。

にほんブログ村 ファッションブログへ  にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

泥藍Tシャツ(改名しました!)

有機栽培の琉球藍で染めたTシャツです。
『泥藍Tシャツ』と名付けました。

(※商標登録の関係で改名しました)

泥藍とは琉球藍の別名です。
染色は藍ぬ葉農場の池原さんにお願いしています。
土台のTシャツはいろいろと探したのですが、国産の中に縫い糸に綿糸を
使用しているものが無く、外国産の染色用に作られた縫い糸まで綿100%のものを使用しています。縫い糸はたいていポリエステルなので、それだと染まらずに白く残ってしまうのです。
今回の泥藍Tシャツは『深浅地』でお願いしました。
藍の薬効についてはもうすでに広く知られているところですが、
とくにこの藍は有機栽培で育てたものを使用しています。
一般の植物染料もそうですが、助剤などに化学薬品を使っている場合も多く、また、栽培においても化学肥料を使っているのがほとんどです。
沖縄県内で多く流通している琉球藍も大量の化学肥料に頼ってます。
有機栽培で、染色においても化学的なモノを使わない琉球藍がどのような意味をもつかは、容易にご想像いただけると想います。
池原さんは名護市源河の上山ご夫妻に師事され、琉球藍の栽培から染色までを
されていて、今後の沖縄県琉球藍栽培をしょって立つであろう若者です。
琉球藍は色の美しさもさることながら、衣料として用いる事で、様々な効能が
実感できます。アレルギーにも効果があると言われていますし、虫やヘビなども
寄りつかないという話もあります。
まさに『着る漢方薬とも言える作品です。
有機栽培の琉球藍の素晴らしさを是非実感いただけたらと想います。

 

弊社のタグがついてます。

f:id:mozuya20:20170919115007j:plain

 

肩の感じ

f:id:mozuya20:20170919115013j:plain

 

襟まわり

f:id:mozuya20:20170919115017j:plain

 

生地全体。光の加減で色が浅く写ってます。

f:id:mozuya20:20170919115025j:plain

 

全体の感じ。そんなに薄くも分厚くもなく中ぐらいです。

f:id:mozuya20:20170919115030j:plain

 

 

袖の感じ。

f:id:mozuya20:20170919115052j:plain

 

Mサイズの寸法

 

 

f:id:mozuya20:20170919115105j:plain

 

Sサイズの寸法

f:id:mozuya20:20170919115121j:plain

 

SSサイズ寸法

f:id:mozuya20:20170919115117j:plain

 

サイズに関しては別注承ります。

 

洗濯ですが、ショールと同じように、初めはぬるま湯が常温の水に漬けて押し洗い。

 

かなりの色が出て来ますので、決して他の洗濯物と一緒に洗ったり、洗濯機に入れたりしないでください。

 

色が流れ出ますが、元のシャツの色が目立って薄くなるということはありません。

 

次第に洗っても色が出なくなりますので、状況に応じて洗濯方法を変えてください。

 

藍は防臭効果もありますので、夏場に着ても、洗剤を使う必要は無いと想いますが、

気になるときは、中性洗剤を少し入れてください。

 

洗うと少しずつ色が定着して、良い味わいになってくると想います。

 

着用すると初めは皮膚や他の衣料にに琉球藍が付着して青くなります。特に汗ばむ季節はそうなりますが、これは染まっているだけでなく、色素を含んだ物質が付着しているだけです。酸化→還元をした藍は物を染める力がありませんので、簡単に落ちます。

またその藍の成分に薬効が認められるので、しばらくはご承知おきのうえ、おめしになってください。

 

藍独特の香りですが、初めはかなりします。その後段々と薄れて、半年くらいで無くなると想います。またその香りが、気分を落ちつかせるとおっしゃる方もいらっしゃるので、藍の色、薬効とともにお楽しみいただけたらと想います。

 

yashinomi.shop

 

yashinomi.shop

 

yashinomi.shop

ポチッてしてくださいね。

にほんブログ村 ファッションブログへ  にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

プロデューサーとしての物作りと才能

私は染織、とくに沖縄染織のプロデューサーと自称しています。

 

世間的に見ればただの問屋です。

 

『自分で織ったことも染めた事も無いクセに何を偉そうに』

 

そう想う人も多いでしょう。

 

でも、実はちょっとやったことがあります。

 

しかし、プロとして活動するには技術と共に才能が必要です。

 

染織に関しては、私は『手を動かす』という事において全くの無才能です。

 

全く不器用なのは、私の図画工作の成績が物語っています。

 

プラモデルもろくに作れたためしがない。

 

染織家としてプロになるどころか、工芸全般において、まったくの圏外にいると言っても良いでしょう。

 

だからこそ、素人としていろんな物作りや芸術に触れて、『感性』だけを磨いているんです。

 

それで、素人だから出来る事もあるんです。

 

プロにとてつもない提案をするのも素人ならではです。

 

それがそのプロにできるモノであり、乗り越えられるハードルであるかどうかを判断する。

 

それが物作りのアマチュアであるプロ・プロデューサー?の真骨頂だと私は思ってます。

 

そのためには、物作りは知っていないといけないし、頭の中に完成された自分の作品を持って居ないと行けない。

 

こないだのラジオ番組でなかにし礼という作詞家が、少年の頃の体験を、ある歌手との出会いがキッカケで歌にした、と言う話をしていました。

 

なかにし礼は、少年時代に父親がニシン漁で大もうけして、その後失敗して路頭に迷ったそうです。

 

それをいつか歌にしたいと想っていた。

 

それで現れたのが『北原ミレイ』でした。

 

北原ミレイの声を聞いて、『この女に歌わせよう』と想ったんだそうです。

 

そして出来たのが『石狩挽歌』です。

 

www.youtube.com

 

『そこまでの想いを込めた歌なら自分で歌えばいいじゃないか?』

 

シンガーソングライター全盛の今ならそう想うかも知れません。

 

でも、その詩情を伝えるには、その世界を表現する、『歌い手』が要るのです。

 

作詞家はもちろん自分でも歌えるでしょう。

 

自分が歌うのが一番と思えば、そうするでしょうし、もっと、良い表現者が居ると想えばそうする。

 

それだけのことです。

 

京友禅とかだとわかりやすいですが、優れた作品はたいてい分業で成りたっているんです。

 

作家といわれる人でも、実は全部自分でやってるわけじゃない。

 

図案も図案家に描かせている人も居るし、自分では刷毛を持たない染色家もたくさんいます。

 

でも、その染色家、染織家が、『自分の世界』を持って居れば、それは作家と言われるにふさわしいのです。

 

でも、私は作家じゃないし、作家とも呼ばれたくない。

 

染織家と出会ったら、その人の特長をよく把握して、自分の世界との接点を見出して、共に作品づくりをしていくというのが私のスタイルです。

 

ですから完成された人や、自分の世界から一歩も動かない人は、お互いやりにくい。

 

自分の世界を構築し、それを相手に伝える、それも出来るだけ具体的に伝えたい。

 

だから、シコシコ勉強したり、チマチマとヘタなりに物作りをしてみたりするんです。

 

趣味でいろんな物作りをしたり、絵を描いたりしてる人は、自分のジャンル以外の事に踏み出してみても面白いと想いますよ。

 

絵を描く人が、『これこれこんな感じでバッグに刺繍してみて』とかね。

 

そのかわり、出来てきたモノはドーンと受け入れる度量は必要ですよ。

 

自分の伝え方が悪かったのか、あるいは、自分が思う世界にその刺繍するひとが合わなかったのか。

 

その繰り返しがまた、自分の世界をさらに突き詰めるキッカケにもなりますしね。

 

まぁ、いずれにしても、楽しく物作りしないと、良い作品にはならないです。

 

それが私の一番のモットーです。

 

 

ポチッてしてくださいね。

にほんブログ村 ファッションブログへ  にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 

 私のお店はこちら

椰子の実

 f:id:mozuya20:20170821135620j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民藝辻説法 第1回は天満の天神さん

椰子の実に続いて、Yahoo!ショッピングにも出店が決まりました。

 

ところが店名が先取りされていて採れず、『草根木皮』と致しました。

 

これからセッティングするので、出来ましたらお知らせしますね。

 

『草根木皮』は『椰子の実』の分店という感じになります。

 

さて、ネットはこれで体制が整いつつあるということで、

 

そろそろ私らしく外に出ることにしました。

 

かといって、現在の主戦場であるデパートは催事日程が不

 

安定で経費も掛かりますし、専門店は与信の問題もあり、

 

ギャラリーは制約も多いということで、単独で出ることに

 

しました。

 

とはいっても、実店舗を持つわけではなくて、いわゆる

 

『クラフト・フェア』へ出店します。

 

『クラフト・フェア』ですから、着物・帯は基本的に出さ

 

ないで、それ以外のちょっとした手作りのものが主体とな

 

ります。

 

まさに『椰子の実』として出店するわけです。

 

私の様に永年対面販売をしていると、ネット販売というのはまどろっこしくてしょうがない。

 

そもそも、お客様とのやりとりが楽しめないというのは、商売の醍醐味のほとんどがない、ということですから、正直言って面白く無いです。

 

 

沖縄の染織では、プロデューサーとして頂点を極めたという自覚と自負がありますが、それも、一流の舞台があってのこと。

 

民藝というのは、『品物を全ての先入観を排除して、直感で観る=直観』ことを前提としています。

 

直観でその価値が判断しうるとすれば、場所はどこでも良いはずです。

 

それを実証するための、壮大なる実験ともいえます。

 

とはいえ、『クラフト・フェア』ですから、お客様の予算制約線はかなり左下に下がりますから、そこは一考が必要かと想います。

 

品物の魅力だけでお客様を引きつけ、どこまで価値を認識してもらうことが出来るか。

 

それが出来るモノがあれば、『民藝論』も多くを語る必要もありません。

 

というわけで、これらのイベントを

『民藝辻説法』

と名付け、継続して行っていこうと想っています。

 

第1回は

 

9月21日(木) 大阪天満宮 

10:00〜16:00

 

■場  所/〒530-0041大阪天満宮境内 (大阪市北区天神橋2-1-8 )
 天満宮北側入口繁昌亭から入ってすぐの辺り
 ◆最寄り駅
地下鉄谷町線堺筋線南森町駅」下車
JR東西線大阪天満宮駅」下車
JR東西線3番出入口エレベータで1Fへ
右1ツ目辻をそのまま直進

 

です。

 

着物の催事を縫っての開催ですので、出来ない月もありますが、できるだけ毎月沢山のイベントに参加したいと想ってます。

 

もしよろしければ、足をお運びくださいませ。

 

 ポチッてしてくださいね。

にほんブログ村 ファッションブログへ  にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へにほんブログ村 ハンドメイドブログへ