yashinomi

もずや宗安が運営する和洋服飾のお店『椰子の実』を紹介するページです。http://yashinomi.shop

琉球藍製品の洗濯・色落ちについて

私は藍をはじめとして、草木染・植物染料に関しては、専門家とは言わないまでも、ちょっとは詳しいと想われているので、よく質問を頂きます。

 

一番よく頂くのが『藍染製品の堅牢度』に関してです。

 

全ての植物染料に言える事ですが、化学染料ほどの堅牢度は求める方が無理です。

 

今回、『椰子の実』でも、藍染のショール、シャツなどをご提案しますが、お知らせしておきたいのはその『洗濯』と『色落ち』についてです。

 

うちは藍ぬ場ぁ農場の池原さんに染色をお願いしていますので、染料は『有機栽培の琉球藍』

 

もちろん、天然発酵建てです。

 

私が試験の為に染めてもらったシャツを着て、洗濯してみました。

 

これが染め上がってきた時の写真です。

 

深浅地くらいの色合いに指定しています。

(もっと浅くも、深くも染める事ができます)

f:id:mozuya20:20170802141525j:plain

 

1週間着てみて、その後洗濯。

f:id:mozuya20:20170802141538j:plain

 

洗濯は4月頃の常温の水に浸して押し洗い。

それで十分キレイになりますし、本物の藍染ですから防臭効果もあってにおいも残りません。

 

ただ、このようにかなりの色落ちというか色が流れ出します。

 

そして乾燥後、さらに1週間着て、洗濯。

 

同じように常温の水で押し洗い。

 

f:id:mozuya20:20170802141629j:plain

 

もうこのくらい落ちなくなっています。

 

Tシャツの見た目はそんなに大きく変わっていなくて、問題ありません。

 

こんな感じでもう、3回目にはほとんど色落ちは気にならないです。

 

ただ、他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れて回すのは、控えられた方が良いと想います。

 

一度染まった藍は、もう他の繊維を染める事は出来ないので、すぐに落ちますが、慣れないとうろたえてしまうので、藍染だけでなく他の植物染料で染めた物は、押し洗いして色が出なくなって、10回以上洗ってから、他の洗濯ものと一緒にされた方が良いと想います。

 

本業が呉服商なので、藍染の着物でのご相談を頂く事がほとんどですが、正しい理解がされていない理由には二つあると想います。

 

一つは、販売時にきちんと藍の堅牢度についてお伝えしていないこと。

 

もう一つは、『落ちるとは聞いていたが、ここまでとは想わなかった』という度合いに対する感覚の違い、です。

 

そんなに落ちるなら、水洗いして藍を完全に落としきってから売るべきだ』というご意見があります。

 

しかし、そうしない理由もあります。

 

一つは、落としてしまった状態では、やはり、多少、見た目が衰える事。

 

二つ目は、お客様が『藍染を育てる楽しみを奪ってしまうこと』です。

 

藍の薬効に関しては、わざわざ書くまでもなく皆さんご存じだろうと想います。

 

虫除けや肌に対する効果だけでなく、気分を落ちつかせたり、アレルギーを緩和したりと、様々な効果が報告されています。

 

それは、やはり『濃い状態』の時が良いのです。

 

上山さんの『やまあい工房』池原さんの『藍ぬ場ぁ農場』の藍は、その場で飲めるほど自然で、害毒がまったくありません。

 

強烈な助剤も使っていない。

 

濃く染めれば染めるほど、色落ちもそれに比例して大きくなります。

 

着用すれば肌にも着きますし、他の衣類を汚してしまう可能性もあります。

 

でも、それが『藍を着る理由』なんです。

 

藍はただの染料ではありません。

 

他の染料に比べて価格的にも抜群に高価です。

 

高価であり、売り手としてもリスクがあるのに、何故まだ造って提案したいとおもうのか。

 

それだけ、お客様に良い事があるからです。

 

そして、藍で染めた物は、自分で育てる楽しみがあるんです。

 

色が落ちきって『枯れた藍』もまた良いんです。

 

洗剤をつけてゴシゴシなんて洗い方をしなくて良いんです。

 

ぬるま湯か温かい季節なら常温の水に、せいぜい中性洗剤を少しだけいれて、押し洗い。

 

前にやまあい工房の作務衣の上下を初夏に1ヶ月連続で着てみましたが、まったく臭うと言うことがありませんでした。

 

そのくらい藍は殺菌・防臭効果が強いのです。

 

藍の着物がひどく色落ちする、またなかなか色落ちが止まりにくいというのは、基本的に植物性染料と動物姓繊維の相性があまり良くないからです。

 

綿や麻に染めた物は、そうは落ちませんし、すぐに止まります。

 

また、白く粉が吹いたり、表面ががさついて居たりするのは、投入する石灰分の質と量が問題だと聞いた事があります。

 

私が『椰子の実』でお勧めする琉球藍は、染め手自身が苗から育て、栽培し、泥藍を造って、自ら染めたものです。

 

まったく間違いのない、正直で健康な藍です。

 

実際に永年愛用している私が自信をもってお勧めする作品たちです。

 

ご質問に関しては、丁寧にお答えしたいと想います。

 

ぜひ、ご愛用くださいませ。

 

琉球藍のはなしはまた、別でやりましょうね(^o^)

 

椰子の実 |

 

yashinomi.hateblo.jp

 

にほんブログ村 ファッションブログへ
 にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
 にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ