yashinomi

もずや宗安が運営する和洋服飾のお店『椰子の実』を紹介するページです。http://yashinomi.shop

民藝辻説法 第1回は天満の天神さん

椰子の実に続いて、Yahoo!ショッピングにも出店が決まりました。

 

ところが店名が先取りされていて採れず、『草根木皮』と致しました。

 

これからセッティングするので、出来ましたらお知らせしますね。

 

『草根木皮』は『椰子の実』の分店という感じになります。

 

さて、ネットはこれで体制が整いつつあるということで、

 

そろそろ私らしく外に出ることにしました。

 

かといって、現在の主戦場であるデパートは催事日程が不

 

安定で経費も掛かりますし、専門店は与信の問題もあり、

 

ギャラリーは制約も多いということで、単独で出ることに

 

しました。

 

とはいっても、実店舗を持つわけではなくて、いわゆる

 

『クラフト・フェア』へ出店します。

 

『クラフト・フェア』ですから、着物・帯は基本的に出さ

 

ないで、それ以外のちょっとした手作りのものが主体とな

 

ります。

 

まさに『椰子の実』として出店するわけです。

 

私の様に永年対面販売をしていると、ネット販売というのはまどろっこしくてしょうがない。

 

そもそも、お客様とのやりとりが楽しめないというのは、商売の醍醐味のほとんどがない、ということですから、正直言って面白く無いです。

 

 

沖縄の染織では、プロデューサーとして頂点を極めたという自覚と自負がありますが、それも、一流の舞台があってのこと。

 

民藝というのは、『品物を全ての先入観を排除して、直感で観る=直観』ことを前提としています。

 

直観でその価値が判断しうるとすれば、場所はどこでも良いはずです。

 

それを実証するための、壮大なる実験ともいえます。

 

とはいえ、『クラフト・フェア』ですから、お客様の予算制約線はかなり左下に下がりますから、そこは一考が必要かと想います。

 

品物の魅力だけでお客様を引きつけ、どこまで価値を認識してもらうことが出来るか。

 

それが出来るモノがあれば、『民藝論』も多くを語る必要もありません。

 

というわけで、これらのイベントを

『民藝辻説法』

と名付け、継続して行っていこうと想っています。

 

第1回は

 

9月21日(木) 大阪天満宮 

10:00〜16:00

 

■場  所/〒530-0041大阪天満宮境内 (大阪市北区天神橋2-1-8 )
 天満宮北側入口繁昌亭から入ってすぐの辺り
 ◆最寄り駅
地下鉄谷町線堺筋線南森町駅」下車
JR東西線大阪天満宮駅」下車
JR東西線3番出入口エレベータで1Fへ
右1ツ目辻をそのまま直進

 

です。

 

着物の催事を縫っての開催ですので、出来ない月もありますが、できるだけ毎月沢山のイベントに参加したいと想ってます。

 

もしよろしければ、足をお運びくださいませ。

 

 ポチッてしてくださいね。

にほんブログ村 ファッションブログへ  にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着(洋服)へにほんブログ村 ハンドメイドブログへ